建物の修繕をしたい

計画的な大規模修繕は資産価値を守る!

こんな方におすすめです

賃貸マンション、アパート、文化住宅、貸家をお持ちで、

  • まだ大規模修繕をしておらず、いつやるべきか分からない方
  • 大規模修繕の周期とコストについて全く知識のない方

こんなお悩みありませんか

  • 築15年ほどの賃貸物件を所有しており、未だに大規模修繕は一切していない。外壁のクラックや修繕が必要な箇所がいくつか目立ってきているが、そのタイミングで修繕をするべきなのか分からず、何も出来ていない状態。そこで一度大規模修繕をどのタイミングですべきなのかを見てもらいたい。
  • 所有している賃貸物件がここ2、3年雨漏りなどが発生しており、大規模的に修繕をしておく必要性を感じている。しかし、どこをどこまでやれば良いのかという指標を持っていないので、何もできないでいる。費用が大きくかかるものなので、そのタイミングと範囲を明確にしておきたい。

建物を修繕するポイント

img_photo1.jpg

老朽化していく建物に対して計画的に修繕を行い、より安定した賃貸経営を実現することが大切です。特に、賃貸マンションとなると“経営”ですので、計画的な建物の維持・メンテナンスが必要です。

外壁修繕から屋上防水、配管のメンテナンスなど様々な修繕箇所を把握し、それらを10年や15年といった定期的なスパンで修繕していくことが大切です。

新築当初からこの長期修繕計画を立て、その分の資金を積み立ておくことが本来は必要なのです。 弊社では、建物の現状、キャッシュフローをチェックし、お客様の物件に対して各メンテナンスの計画、そのための資金の積み立て、実施までをすべてサポート致します。

資産パートナープランナーズにお任せ下さい

経営という観点から、また資産価値という観点から修繕を考え、オーナー様の状況に合わせて長期修繕計画の立案や信頼できる施工業者の斡旋が可能です。

txt_menu.jpg

①長期修繕計画の立案(資金計画含む)
②長期修繕の施工業者紹介
③空室対策業務の代行(ツール作成・空室管理など)

費用

初回面談・ご相談 : 無料
修繕計画の立案 : 無料

bnr_contact.jpg
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12